sera

楽に生きることを心がけています。常に模索中

見栄こそいらない。

f:id:sera_coates:20210801053002j:image

どうもseraです。

セミリタイアを目指し始めていた当初から見栄による浪費を無くそうと考えてきた。

学生時代は一番お金に対する考えが足りなかった時期だ。好きな物が有れば何も考えずにAmazonで商品を買っては、思ったのと違ければ他の商品を物色していた。今考えれば非常に勿体ない。

服そう一枚四千円するNIKEのtシャツを複数所持して何かしらのブランドを見にまとう事によって周囲に自慢して歩いていた。

見栄を張り出すと周囲からの評価がもっと欲しくなり自分が好み出ない服も着る様になっていた。

そして17歳の頃に気づく。

「誰も自分を見てないし、意識してない」事に。

自分がどんなにオシャレをしても対して他人は気にしない。例え認識したとしてもほんの数秒の出来事に過ぎない。

皆んな自分が一番好きなのだと。

それ以来服装や持ち物に対する価値観ガラ180度変わった。服装はなるべくお金が掛からないシンプルなコーデにして、持ち物も使いやすく定番のものに変えた。

その結果「生きやすい」と思える様になった。

周りの評価の為の服装や持ち物を所持するのでは無く自分が着たい。持ちたいものを自分の為に持つ様になった。

見栄はどこまでも肥大化する。見栄は日常生活の中に無意識の領域まで浸透してると言っていい…。

そう常識もその一つ。18歳までに培った偏見のコレクションなのだ。

大事なのは自分の頭で考えて必要か必要じゃないか見極める事にが重要。

今からでも少しずつでいい見栄や常識を捨てましょう。